適当なブログの多いこと多いこと

俺は自分でサイトを作ってそこで歴史について書いたりしてるけど、ネットを検索して調べ物をすることもある。けれどそういう時に常々思うのは「適当な内容のサイトやブログが多いなあ」ということ。今も、平氏と秦氏について違いがわからんもんかと思い、「平氏_秦氏」と入れてググってみたが、案の定まともなサイトは一つも見つからなかった。代わりに出てくるわ出てくるわ、アホの妄言としか思えないくっだらねえブログの山。
もちろん俺が書いてることが全部事実かはわからんよ。けどある程度教養のある人なら「おいおい」「んなわけねえだろ」とツッコみたくなるような記事がワンサカ出てくる。こういうのを読んでて思うのは、大学とかでちゃんと勉強してその上で書いた内容って本当に少ないんだな、ということ。俺はまがりなりにもインドについて大学で勉強したけど、それ以前の「ちゃんとした勉強」に基づくものすらほとんど無いのには閉口する。こういうあまりにもアホの妄言としか思えないくだらなすぎるブログの大量発生を放置しておくと、ネットの知性低下につながるんじゃないかとすら思える。というか日本人がバカなのかな?海外のサイトには少なからず有益なものもあるし。
結局、こういう現状を喜ばしいと思ってるのは為政者だろう。そりゃ物事の本質に触れた情報源なんて少ない方が都合がいいだろうし。で、もっと言うと、日本の教育水準が低いのが問題なのだ。こないだの調査で、世界大学ランキングをやったら、日本の大学で200位に入ったのは東大と京大だけで順位は随分下の方だったが、要するに日本の教育水準は低いのである。周りを海で囲まれてるから他国との比較すら出来ないし、為政者が愚民化教育をやろうとしたら簡単に出来てしまう国土なのだ、悲しいかな。そして実際にされているし。
俺は語学が苦手なので海外のサイトはほとんど利用しないが、スラスラ読めたらどれだけ有意義だろう。あー何故日本に生まれてしまったのか。結局のところ、結論はそこに行き着くのである。英語圏の国に生まれたかった。

ワールドカップを自宅で見たい

今日サッカーの日本代表の試合があり、日本がオーストラリアを2-0で下して、見事にワールドカップ本戦出場を決めた。やったー!!
俺はサッカーは下手糞だけど、テレビで試合を見るのは好きなのだ。と言っても代表の試合だけだが。高校時代にサッカー部の連中と険悪な仲だったので、卒業後しばらくはサッカーの試合を見るのにも少し抵抗があったが、今やすっかりニワカオタクである。自室でTVを見ながら、「うおお」「ちっくしょ~」「ああ~」とか喚いている。
・・・が、俺は過去二回のワールドカップは、自宅で見ていない。じゃあどこで見たのと言ったら、まあ、あれだ、ちょっと言いづらいところだったんだよ、とだけ言っておこう。とにかく2010年のと2014年のは、自宅では見られずに別の場所で見たのだ。
だから今回、2018年の大会は、何としても自宅で見たい。今のところ何も問題ないのでまず大丈夫だと思うが、なんか2回続けてケチがついているので、ほんの少しだけ不安である。まあ要らぬ心配はしないでおこう。とにかくこれでまた一年楽しみが増えた。
最近は深夜に柔道の世界選手権を見ているが、アニメもトレントで落としていろいろ見ている。本も読んでいるし、映画もちょくちょく見る。こういう受動的活動が、いつの日か自分で小説を書く時の肥やしになると思うので、この調子で行くぞ!

日本人はマトモではない

日本人はマトモではない。俺はそれを知っている。ほとんどの人間が、裏で秘密のコネクションに入っている。普通に生活しているように見えても、裏で繋がっている。こういうことを主張すると「おまえは精神病だ」とレッテル貼りをされてしまうのが日本の現状であるが、事実なんだから仕方がない。日本人のほとんどは、マトモではない。
これは日本が、元々多部族からなる国家だったからではと思う。その根幹にあるのは神社神道ではないかと思うが、要するにいろ~んな部族が入り乱れて棲む国土だったため、その部族制度が現在まで存続して、それぞれの部族が今でも密に連絡を取り合っている体制なのではないかと思う。そういうのが政治家の地盤になってたりすると、ある者は言っていた。
けれど俺に関して言えば、そういう何らかのコネクションには一切入っていない。これは喜ぶべきことだ。俺の知能も頭脳もこれまでに得た知識も、全ては自分個人の努力によるものである。はっきり言うが、俺は高校に入った後は、誰からも何一つ教えてもらったことはない。全て一つ残らず、自分の力だけで身に付けてきた。勉強にしてもスポーツにしてもだ。誰かから何かを教わったことはない。これも誇るべきことだ。
2013年にツイッターでいろ~んな奴が俺の行動を注視し、皆で俺を観察しているようだったが、そういうのも俺は受けの立場で良かったと思う。いくら生きるのが楽になろうとも、俺はそういうコネクションに入りたいとは思わない。マトモでない生き方を選択しようとは思わない。
笑ってしまうのは、そういうマトモでない生き方をしている奴でも、真剣に愛とか平和とか神について考えていることだ。以前フェイスブックで友達だった奴は、ツイッターで俺のことを見ていて、わざとらしく「牧師様に意見を言っているので感心した」とかメールを寄こしてきたが、こないだ「なんで俺のツイッターを知ってたの」と訊いてみたら、「いえ知りませんでした」としらばっくれていた。こいつはフェイスブックに、真剣に神の教えがどうこうだとか信仰がどうこうだとか書き込んでいる奴だが、マトモでない生き方をしていて、異常なコネクションに入っているくせに、平気で矛盾した神の教えとか信仰とかを論じたりする。要するにバカを通り越してキチガイなのである。死んだら真っ先に地獄に堕ちるのはこういう奴である。当然だろう、だって神様の教えと真反対な生き方をして、それを隠して嘘を吐いてるんだから。運命を知らぬは本人ばかりなり、である。
俺は死んだら天国に行くが、そう信じている嘘つき偽善者どもの何パーセントが地獄に堕ちるかな。あの世に行くのが今から楽しみである。

北チョン早くミサイル撃ってこいよ

なんでも北朝鮮が、日本列島を飛び越えてグァムにミサイルを打つとかで喧々諤々である。何の未来も感じられない世捨て人の俺は、さっさと撃てと願わずにはいられない。どうせ日本なんてミサイル迎撃も出来ないだろうし、仮に日本に落ちたとしても「遺憾に思う」くらいのことしか言えないだろうから、北チョンには是非頑張って世界秩序を乱してほしいものだ。
思い出したが、パラグアイにいた時に、面白い奴と知り合いになった。在日韓国人の元自衛隊員という奴で、地元の有力者曰く「あいつは南韓国の諜報員、スパイだ」ということだった。ガンスクールをやっていたテッド新井という奴と一緒に来パしたという奴で、そのテッド新井と一緒にアスンシオンの暗黒街へ入って行き、そいつは射殺されたという事件の当事者だった。
あの国はそういうヤバい奴とか胡散臭い奴で溢れているのだ・・・。南米で唯一台湾を承認しているという国だったが、国旗に裏面がある世界唯一の国で、そこには南米にいないライオンが描かれている(ライオンはユダ族のシンボルだ)。ナチスの残党も多いらしいし、日系人には広島出身者がやたら多いし、統一教会が根を張ってたり、まあ何と言うか「南米の北朝鮮」みたいな国だった。要するにマトモではないのだ。あそこで日本語学校の教師を少しだけやったが、子供たちは皆普通のガキンチョなのだが、その親は目つきがヤバかったりして、俺は子供たちの行末が不安になったものだ。
しかしアメリカってエグいよな。日本の内部の要所要所に在日を入り込ませて、いざ日本が国を挙げて行動しようとしてもそいつらが邪魔する体勢を作り上げるとか。北朝鮮と南韓国は、両者の軍部が朝鮮半島の同じ場所の出身者で占められており、対立構造というのはフェイクなのだが、つまり朝鮮が日本を在日スパイによって支配するという体勢が出来上がっているから、いざ朝鮮に対抗しようとしても出来ない。こんな国家構造にするとか、ホントアメリカってエグい。世界のどこでもこういう日本やパラグアイのような複雑怪奇な構造が存在するのだろうか。俺にとってパラグアイに行ったことは決して無駄ではなく、こういう世の中の仕組みをまがりなりにも勉強できたということはすごく大きかった。世の中は往々にしてマトモじゃないのだ。
けど今回北チョンがミサイルをグァムに発射して、それに怒ったアメリカが北朝鮮本土を攻撃、ヤケになった北チョンが日本と韓国をミサイルで総攻撃とかいう流れになったら、それはそれで最高に面白いな。世の中はマトモじゃないからその影でいろ~んなことがあるんだろうけど、結果的に東京オリンピックが大失敗とか中止とかになったらメシウマである。世捨て人の俺は、そんな不謹慎なことを考えながら、今日も2ちゃんで毒雑に勤しむのであった。

女について追加

俺は昔からいい男だと言われてきたし、別にモテなかったわけではない。しかし同時に、この上なく女受けが悪い。一体何故なのかわからないが、職場とかに女がいると、高い確率でハブられてしまう。どうしてなんだろう?
思うに、「女を尊重しすぎる」のが、その一因ではないかと思う。つまり女を尊重しすぎるために、逆に女から舐められてしまうのだ。女って生き物は、DQN男のように、自分を支配してくれる男には従順だが、自分をあまりにも尊重してくる男がいると、足元を見て舐めてくるのだ。
俺が女を尊重する理由、それは「女を恐れているから」だ。女は怖いのだ。これは普通の女性恐怖症とかそういうお話ではない。俺ほど女の怖さを知っている男はいないだろう。女は心を読むし、考えていることが見えるので、隠し事も出来ない。そもそも子供を産むという難事業をやり遂げるための強靭な肉体も持っているので、苦痛にも強い。そして毎月生理があるので、自分の血を見ているがゆえ、血を恐れない。
これだけ書くと、要するに女が迫害されてきた理由を知り尽くしているから、逆に女を恐れているのではないか、と自分で思う。スペイン語では、いや多分どの言語でも同じだろうが、大抵の「悪いもの」は、女性名詞である。唯一「悪魔=diablo」は男性名詞だが、残りの「戦争」とか「蝿」とか「蛇」とか「麻薬」とか「ピストル」とか、全部女性名詞だ。言うまでもなく「月」も女性名詞で、これは女性の生理が月のものであるから当然である。
要するに、生理がある以上、女は「月の命じるままに血を流す生き物」なのだ。これだけ読めば、誰だって恐れるべき対象であると思うだろう。確かに悪魔は男性名詞で、これはルシファーが男性なので当然であるが、悪いものは大抵女性名詞なので、女は悪いのである。それを俺は嫌というほど身に沁みてわかっている。だから女を恐れるのだ。
ずーっと前の文章にも書いたけど、女を敬った方がいいと思うよ。女ってのは、敵に回すと本当に怖いんだよ(笑)

新ブログを作るべきか

めでたく本サイトも訪問者数が53000人を超え、あと2年もあれば55000人になるかという今日この頃。
思ったのだが、意固地にWordPressを使ったこのブログに拘るのではなく、はてなとかを使って、趣味を前面に出したブログをやってみてもいいかな、と思うようになった。
俺はこの43年間、決して無為に過ごしてきたわけではない。俺は元々多趣味な方だし、趣味について語ることも出来ると思う。具体的に言えば、音楽・アニメ・PCゲームの事とか。そういう趣味を全面に出して、ウンチクを語るブログを作ってみるのもいいかなあと、さっきふと思った。何故かと言うと、そういうブログを何となく眺めていたら、「自分の方が詳しく語れるのではないか」と思ったからだ。
もはや半分廃墟と化しているこのサイトは放置して、新ブログを作って情報発信する方が、ユーザー数の面でもモチベーションの面でも大きいのではないかと思った次第である。けど今の時代、ブログってのも時代遅れではあるよな。時代はSNSだし。けど俺はSNSがあまり好きではないので、古典的なブログで勝負してもいいかなあと思っている。どうしたもんか・・・。
それと、新作小説のアイデアを適当に考えていたが、さっき結構いいアイデアが思いついた。こんなのはどうだろう。ひょんな事からスーパーヒーローに変身する能力を手に入れた主人公だが、その変身には死ぬほどの極度の激痛が伴う。だから極力変身しないで問題を解決しようとするのだが、毎回やむなく変身する羽目に陥ってしまう。その度に死ぬほどの激痛を味わうことになり、主人公の精神は蝕まれていく・・・というもの。どうかな、これ?マンガだったら良いものが描けそうな気がするが、あいにく俺のは小説だ。文章でこれを興して、どう話を広げるかだが、やってみる価値はあるような気がする。よし、このアイデアを温めてみよう。

5年は続いているなこのブログ

なろうでエタってからアニメを見たり本を読んだりしてきたが、また何か書いてみようと思っている。次は何を書くかな・・・。前回は何も考えずに行き当たりばったりで書いてたが、次回はウケを狙って受けそうなテーマで書いてみるかな。
ところで、俺のブログはどれだけの人が見ているのか知らないが、昔から「粘着」されることが多かった。10年ほど前ネットラジオをやっていたのだが、そこで自分のサイトを晒したところ、一部の奴らに粘着されて、ブログも見ている者が多いようだった。
そして2ちゃんねるの無職・だめ板で、ダメ人間のブログを皆でヲチするスレがあるのだが、そこでもテンプレに入れられてしまっていた。確か「天才ニート君」という名前で、「アニヲタ・ゲーヲタ・ロリコン・無職・全て揃った完全体。世界よ・・・滅びよ!」とか帯を付けられて晒されていた。何が天才ニート君だよ・・・誰だあの名前考えた奴。全く迷惑極まりない。俺は細々とやって行くだけなんだから、放っといてくれ。
2ちゃんで粘着されてた頃はいちいち晒されたりして迷惑千万だったが、今や殆ど廃墟と化している俺のサイトで唯一生きているコンテンツであるこのブログも、途中の記事消失などはあったが、かれこれ5年は続いている。将来俺が作家になって有名になったら、このブログも白日の下に晒されてしまうのだろうか。

なろうでエタるw

とりあえずだが、インポは治った。
はぁ・・・普通に射精できるのがこんなに幸せなことだとは・・・。原因は何となくわかっているが、ここでは敢えて書かない。インポ中はバイアグラを飲んでオナニーするという本末転倒なことすらしていたが、もう二度とああはならないようにしよう。
そして「小説家になろう」で書いていたWEB小説だが、見事にエタってしまった。最後の方はジャンプ漫画よろしくその場のアイデアだけで適当に書いていたが、もうネタが尽きた。ブックマークも2から増えないし、要するに需要も無いのだ。というわけで、見事なまでにわずか一ヶ月でエタってしまった。
けど負けないぞ。次はちゃんとアイデアを練り上げてから書くことにする。なろうで支持を得る小説を見てみると、みな同じような異世界転生ものとかハーレムものが多いが、俺は人真似をするのが大嫌いなので、オリジナリティのあるものにする。それで次回は、ちゃんと支持を得られるものを書いてみようと思う。
というわけで、俺の作家としての処女作はエタって終わってしまった。全く残念だ。しかし長い人生で、いつの日か笑って話せるようになることがあるかもしれない。その日が来るまで・・・。

近況

どれ、特に日常に変わったところもなかったが、せっかくなので更新しておこう。
まず、なろうで書いてる小説について。相変わらずブックマーク二人から増えない・・・。何が悪いかといえば、とにかく内容がつまらないことだろうね。自分で書いててわかるもん、ああこりゃつまんねーなって。大きな展開を考えず、その時その時で行き当たりばったりに書いてるのがまずいんだろうな。なんつーか、ジャンプの連載マンガならそれでいいんだろうけど、小説でそれをやったらいけないんだろうね。でも意地で続けることにする。そのうち面白い展開になるかもしれないしな。何事も継続だ・・・正直苦痛だけど。
で、アニメの話。最近はフレームアームズ・ガールってのを見てる。これの主人公の源内あおちゃんがとにかく可愛いのだ。アニメの内容そのものは大して面白くないのだが、あおちゃんの可愛さ目当てで見ている。そういう人は多いようだ。
あと、悲しい話だが、最近インポ気味である。最後に射精したのが2週間前の土曜日だ。何というか、いつものように布団に潜り込んでちんぽをしごいても、ちょっと硬くなっただけですぐにフニャけてしまうのだ。この原因を自分なりに考えてみたが、一番の原因は「マンネリ」だと思う。つまりネタ不足だ。俺は10年位同じオナネタで同じシチュを想像して抜いてきたが、そろそろ限界のようだ。新しいネタ&シチュを開拓する必要がある。そのためにも、先日ヤフオクでSM写真集を落札してしまった。SM写真集とか高校の頃はサルのように購入してサルのようにシコっていたものだが、今回ひっさびさに買ってみた。果たしてこれで再度射精できるのだろうか・・・。

なろうで書き続けてるが・・・

先日から「小説家になろう」というサイトで小説を書いているが、あまりにもつまらない内容なのが自分でもわかるほどで、正直頭が痛くなってくる。何で俺ってこんなつまらないものしか書けないの、才能無いのかな俺・・・と頭痛がしてくる。
小説を書く参考になると思い、この半年でたくさん本を読んできたが、読んでいる時は「これくらいなら自分でも書けるな」と思うのに、いざ実際に書いてみるとはるかに低水準なものしか書けない。やはりプロの作家というのはすごいんだなあ、と今になって感心してしまう。
そんなわけで更新するのがある種の苦行と化しているが、ようやくブックマークが2つついた。この調子で今年のうちに100つくようにするのが目標だ。100か・・・遠いなあ。